そらのこどもたち

お問い合わせ

  • たくさん食べて しっかり遊んで ぐっすり眠って 健やかに育ってほしい

  • たくさん食べて しっかり遊んで ぐっすり眠って 健やかに育ってほしい

  • たくさん食べて しっかり遊んで ぐっすり眠って 健やかに育ってほしい

  • たくさん食べて しっかり遊んで ぐっすり眠って 健やかに育ってほしい

  • たくさん食べて しっかり遊んで ぐっすり眠って 健やかに育ってほしい

ニュース>一覧

創園にあたり

そらのこどもたちは「企業主導型保育園」です。
企業主導型保育園とは、政府の待機児童解消加速化プランに基づき、保育の受け皿整備を目的として設けられた制度です。
この制度では、その企業に勤める社員の子供の預かりに加え、定員の半数未満をその地域の園児を入園させることが出来ます。
もともと、企業が自社の働き方の応じて、多様で柔軟な保育サービスの提供が出来る制度ですので、保育内容も各企業により様々です。

そらのこどもたちは、市川ビル8階を本社とするデベロップグループが設けた保育園です。
当園は定員は9名と小さな保育園ですが、事業としての営利を追求するのではなく、
グループ社員の子供たちが、安全で教育的にも最良の環境で保育を受けられることが目的で設立されました。
具体的には以下の特徴を備えております。

3つの特長

  1. 少数の園児を余裕あるスタッフ体制で預かり、安全で、きめ細やかな保育環境を提供します。
  2. 隣接する屋内型あそび場「キッズフル」を活用し、屋内でも十分な運動ができる環境です。
  3. 専門家の監修に基づく知育、食育と運動のバランスをとったカリキュラムを導入します。

安全対策

すべては安全・安心のために

子供を広くて安全な環境で思い切り遊ばせたい。当園の安心・安全のための解決策は、保育園に隣接する屋内型あそび場「キッズフル」です。
キッズフルは、ビル内にありながら200坪を超える大型のあそび場で、大型遊具から幼児向けの様々なおもちゃを完備。天候に左右されることなく、子どもたちが伸び伸びと安全に遊ぶ環境を提供します。

また、外出時の警視庁OB、千葉県警OBによる見守り体制も整えました。交通安全、暴漢等からの安全対策に万全を期し、普段の外出時はもちろん遠くに足を伸ばす場合でも、安全な移動体制を実現します。

安全対策01 安全対策02

教育カリキュラム

当園は、集団生活の中のしつけや社会的ルール習得などの基本的な保育に加え、横浜国立大学蝶間林利男名誉教授の指導を得て、コーディネーショントレーニングを始めとする体育、知育プログラムを取り入れています。また、季節の食材を生かした食育にも力を入れています。
当園は、少人数制により各ご家庭のご要望、育児方針に寄り添う保育を実現します。お昼寝の時間、体育や知育における目標など様々なご要望を保育士にご相談ください。

少人数体制を活かし、
お子様一人ひとりに合わせた3つの「育てる」

  • 体育

    当園隣接の屋内あそび場キッズフルを保育時間内に利用します。天候に左右されず、毎日しっかりからだを動かします。天気の良い日はお散歩にも出かけます。
    子どもにとって「あそびは仕事」。脳細胞の発達に必要なこの時期に、適度な運動・あそびを行うことで脳に栄養が与えられ、神経のネットワークが構築されます。

  • 知育

    脳や神経は5歳までにおとなの80%まで発達し、神経細胞の増加も3歳がピークと言われています。
    しつけ、社会性の取得、我慢すること、満足することなどが重要な幼児期の子どもたちに、様々な知育メソッドや遊びを用いたプログラムを行います。

  • 食育

    添加物の少ない安心・安全な食事の提供はもちろん、季節の食材にもこだわったメニューを取り入れます。
    四季のある日本だからこそ味わえる季節の味、魚、昆布、キノコなど様々な自然の幸を使った出汁などを使用した、カラダによく味覚の発達を促す食事を提供します。

コーディネーショントレーニング

コーディネーショントレーニング

当園の体育は、コーディネーショントレーニングの要素を加味しています。
コーディネーショントレーニングとは、ドイツでトップアスリートを要請するために生まれたトレーニング法で、運動を系統的に分析し、行動学的に発展させたものです。空間における方向性を習得する定位能力、状況判断を的確にする判別能力などを鍛え、運動を早く学習できるようにするための「学ぶ力」を得ることを最大の目的としたトレーニングです。からだだけでなく、脳とこころに刺激を与えることで、感性、知性の発達につながる能力向上を目指しています。

スケジュール

一人ひとりの個性を大切にした、一日のスケジュール

8:15 登園(検温・視診)、自由あそび トレーニング風景
9:20 片づけ、トイレトレーニング、朝のお茶
9:45 朝の会
10:30 トイレトレーニング
10:40 キッズフルでの遊び または 散歩
11:20 昼食、歯磨き、トイレトレーニング
12:15 午睡 トレーニング風景
15:00 起床(検温)、トイレトレーニング
15:15 おやつ
15:40 帰りの会
16:00 自由遊び 順次降園
18:30 閉園

離れていても安心。コミュニケーションにアプリを導入。

園のスケジュール案内、緊急連絡、個別連絡にスマートフォンのアプリを利用します。(通常携帯の場合、メール機能を利用します)。手書きのノートだけでは難しかった写真付きのお子さまの様子を日々お知らせしたり、季節ごとに行事の様子をまとめてお届けしたりすることで、離れていてもお子さまの成長を見守ることができるよう配慮します。

コミュニケーションにアプリを導入

そらのこどもたちのいちにち

スタッフ

経験豊かなプロがお子様の成長をサポートします。

総合監修 横浜国立大学 蝶間林利男名誉教授

蝶間林利男名誉教授
蝶間林利男名誉教授 メッセージ

幼児期における教育、保育は、その子の一生を左右するだけではなく、家族はもとより国の将来まで創造するものとなります。
子どもの教育とはあそびを通じてはぐくまれ、徐々に確立していくものです。「そらのこどもたち」は少人数でのあそびを中核に子どもたちが自ら学ぶ意欲を起こし、表現、行動していくことを目指します。

保育士紹介

  • 荒川 滋郎(園長)
    荒川 滋郎(園長)

    当園では、お子さまを安全に見守ることはもちろん、小人数のメリットを生かし、知育、体育、食育を通してお子さまの成長をサポートいたします。東京大学経済学部卒業

  • ひなこ先生(保育士)
    ひなこ先生(保育士)

    幼稚園、保育園での勤務経験があります。学生時代にはハンドボールで鍛えたアスリート。体育指導には自信があります。

  • さき先生(保育士)
    さき先生(保育士)

    認定こども園で3年間の勤務経験。主に1歳児を担当してきました。少人数でじっくり子育てを見守りたいとの希望から当園に参加しました。

  • まゆみ先生(保育士)
    まゆみ先生(保育士)

    工作、制作が得意です。いろいろな作品作りを通して、お子さまの個性を発見し、才能を伸ばして行きたいと思います。

安全対策担当 警視庁・千葉県警OB

  • 顧問 警視庁OB元警視正 大場 武
    顧問
    警視庁OB元警視正
    大場 武

    幼い子供たちに対する無差別な犯罪が発生していることは、悲しいことですが現実です。これまでの経験を活かし、犯罪を未然に防ぎ、大切なお子さまの安全を見守っていきます。

  • 顧問 千葉県警OB元警視 吉成 正光
    顧問
    千葉県警OB元警視
    吉成 正光

    こどもたちは社会の大切な宝物です。大切なお子さまが交通事故や犯罪に巻き込まれないよう、外遊びや遠足の際にも、そっと付き添います。

アクセス

JR市川駅前、送迎に適した立地です。

MAP

〒272-0034 千葉県市川市市川1-4-10 市川ビル8階

運営会社 株式会社 保育王
047-329-2351

▲ ページのトップへ